Search
Search Menu

合宿免許所と自動車学校の違いや免許取得までの流れ

合宿免許所と自動車学校の違いにはいくつかありますが、基本的な免許取得までの流れは同じだと感じました。
学科教習と技術講習を規定の時間受けて仮免許に合格した人が本試験を受けます。
合宿免許のメリットは、短期間で免許を取得できることでしょう。
学生さんなどまとまった休みが取れる人には料金もさほど変わりがないので向いているかもしれません。
私も、夏休みを利用して免許を取る事が出来ました。
個人的には合宿免許のデメリットは感じることはなかったのですが、選ぶ先によっては自動車学校で取得するよりも費用が高くつく場合もあるでしょう。
合宿免許所の多くは民営なのでそれぞれに違いがあり、宿泊施設が個室であるところとお部屋などころ、食費込みの値段であるところとないところ、現地までの交通費が自費なところと負担してくれるところなどです。
保証に関しても様々で、免許を取得するために仮試験などを落ちてしまった場合に有料でさらなる講習を受けるところと、無料で見てくれるところがあり合宿免許先の選び方として参考になるでしょう。
私が利用したところは、食費は込みで部屋は二人部屋でした。
二階建てのベッドが置いてあって机が二つ並んでいました。
たまたま、利用した時期がよかったのか満室ではなかったので二人部屋を一人で使う事が出来たのは良かったです。
友達ならいざ知らず、他人と一緒に一週間過ごすのはストレスを感じやすいし、苦痛だと感じるからです。
これは、私が合宿免許にかかる費用を「極力抑えたい」という気持ちが高いことが原因でした。
費用をけちることがなければ個室のところもあります。
自分の目的によって合宿先を選ぶとよいでしょう。
授業の内容としてはわかりやすくてよかったです。
同じ先生が教えてくれるので質問もしやすいところもメリットでした。
先生も若い人だったので技術講習で車内で二人っきりになった時も話題が事欠きませんでした。
同じ人に教えてもらいコミュニケーションをとる機会が多いので、楽しく学ぶ事が出来たのも合宿免許のおかげかもしれません。
費用は全部で16万円と標準的な価格よりも5万円ほど安かった気がします。
探せばもっと安い所もあるでしょうが、その分、いろいろな面でデメリットが出るのは間違いないです。
自分にとっては最適だったし、夏休みの期間を利用して免許を取得することで秋からマイカーで大学に通う事が出来ています。
何かと便利になってよかったです。